三州瓦−瓦Web−

三州瓦の愛知県陶器瓦工業組合公式サイト。三州瓦の歴史、三州瓦の性能・製品情報・CADデータ、かわら相談など。

新着情報 資料請求 組合概要 リンク集 サイトマップ
TOP




三州瓦の再利用 組合員紹介

瓦web-BLOG

2017年08月18日

酸性雨に強い屋根材って本当にあるの。

こんにちは。
愛知県陶器瓦工業組合のサンちゃんです。

じつは屋根と気候はとても関係深いものです。
地域の気候によって適する屋根材が変わってきます。


日本でも酸性雨が多いといわれる中国地方の日本海側のまちに住んでいます。
酸性雨に強い瓦があるそうですが、具体的な商品名を教えてください。

tenki_mark06_kurmoriame.png


タテに長い日本列島の日本海側は、太平洋側に比べて酸性雨の被害が多いといわれています。
海岸沿いの松林が一面に枯れ死している光景も珍しいことではありません。

原因はいろいろ推定されていますが、発展途上にある中国大陸の工業地帯から吹き上げられた有害物質や有毒ガスが、日本海の湿気を含んで酸性雨となって、日本海側に降り注ぐためと考えられています。

106.jpg

瓦の化学耐性は基本的に陶器と同じで、釉薬によって形成されたガラス質が強い耐酸性を発揮します。つまり、化学変化を受けやすい塗装をした屋根材や金属製に比べ、瓦そのものが酸性雨に強い性質を持っていますので、安心です。
具体的な三州瓦の商品については、当組合のパンフレット<資料請求>や、組合員のホームページも参考になります。 


地震などのことを考え、屋根は軽ければ軽いほどいいと聞きました。
瓦屋根は重くて耐震には不利ではないですか。


地震によって家屋が倒壊する理由が重い屋根のせい、と考えると、このように極端な方向へ行ってしまいますが、耐震とはそれほど単純なものではありません。
その家の耐震性があるかどうかのチェックポイントはいくつかありますが、その代表例を挙げてみましょう。

・地盤(埋め立て地や谷を造成した土地は、揺れが大きく、硬い地盤の上の家に比べて、被害を受けやすくなります。)
・基礎・土台(基礎は最も力を受ける場所です。基礎と土台、柱がアンカーボルトでしっかり固定されているかどうかをチェックしましょう。また、土台や柱が、白アリや雨水等によって、弱くなっていないかを見ます)
・耐力壁(筋かいの入った壁、構造用合板の壁など、耐力壁が家全体にバランス良く配置されているかどうかが非常に大切です。耐力壁は、タテ、ヨコの揺れに、大きな力を発揮します)
・建物の形(大きな開口部のある家や凹凸の多い家は、地震に弱いという特徴をもっています)
・家のバランス(柱が屋根に比べて極端に細かったり、カベが少なかったりする家)

以上のチェックの上にはじめて屋根の重さの問題が出て来ます。

105.jpg


また、屋根は地震だけでなく、台風や直射日光などから家を守る大切な役割を担っています。
当組合では、瓦屋根の安全性向上のために科学的なテストを繰り返し、すぐれた結果を残しています。また数々の耐震実験から瓦屋根の耐震性は実証されています。
こうした噂に惑わされず、美しくて丈夫、最も優れた屋根材である瓦を今後ともご愛用下さい。現在当組合では、地震や台風に強いガイドライン工法を推奨しております。

友人から紹介された建築設計士に、屋根瓦のことを聞いたら、この中から選んで下さいとパンフレットを渡されただけで、どうも瓦のことを詳しくは知らないようです。
こんなときどうしたらいいでしょう。

同じ建築設計士でも仕事の種類によっては、得手不得手があるようです。
一般の民家の設計から市民ホールなど大型の公共建築物、超高層ビルなど、同じ建築設計といっても多種多様です。

したがって、経験は豊富でも一般の民家の設計をやったことのない設計士はたくさんいます。
もちろん瓦屋根や瓦の商品知識の殆どない設計士もいらっしゃいます。
こうした場合、設計士といえども、瓦の工事店の専門家に訊ねるほうが、確実で安心できます。「餅は餅屋」の諺通り「屋根は屋根のプロ」にお願いしてください。

19724241_856797741138832_674798304_o.jpg

当組合では、一般社団法人全日本瓦工事業連盟(全瓦連)に加盟している工事店をお奨めしています。
全瓦連は、全国で約2,800の専門業者が加盟している内閣府所管の一般社団法人で信頼できる全国組織です。都道府県ごとに組合事務所(全国47団体)があり、公式サイトではお近くの加盟店を探すこともできますので、電話などで直接お尋ねください。

posted by サンちゃん at 11:23| Comment(0) | 新着情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


瓦web [TOP]

愛知県陶器瓦工業組合公式サイト。三州瓦の歴史、三州瓦の性能・製品情報・CADデータ、かわら相談など。


人にやさしい三州瓦
愛知県陶器瓦工業組合    〒444-1323  愛知県高浜市田戸町1-1-1  TEL 0566-52-1200 (代)  FAX 0566-52-1203