三州瓦−瓦Web−

三州瓦の愛知県陶器瓦工業組合公式サイト。三州瓦の歴史、三州瓦の性能・製品情報・CADデータ、かわら相談など。

新着情報 資料請求 組合概要 リンク集 サイトマップ
TOP




三州瓦の再利用 組合員紹介

瓦web-BLOG

2017年09月08日

雨もりは原因究明が大切です。

こんにちは。
愛知県陶器瓦工業組合のサンちゃんです。

住宅の大敵、雨漏り。
これがなかなか気づきにくいもので、気がついたときには屋根だけではなく、住宅全体へ大きな影響を与えてしまい、修理も規模が大きいものとなるケースが多いです。

雨漏りのイラスト

大規模な修理となると費用もかさみます。
そうならないためにも、雨漏りに関する事前知識を持っておくことが大切です。

今回は雨漏りに関するお問い合わせをご紹介し、その対策を知っていただきたいなと思います。

雨もりが止まない、どこに頼めば調べてくれる。

Q : 今年の梅雨が長かったせいもあって、天井と壁に雨漏りのシミが出来てしまいました。
息子に屋根に上がってもらい調べましたが、瓦は1枚も壊れていないといっています。シミがどんどん大きくなるような気がしますので、一度調べてもらいたいのですが、どこにお願いしたらいいでしょう。

風除室のイラスト

A : 雨漏りというのは、実は大変やっかいなもので、瓦が割れたためといった単純な理由だけで起こるものではありません。外見上は、何の異常も見られないのに、雨漏りが止まないというご相談はたくさん寄せられています。

雨漏りの意外な原因として、例えば、2階の外壁にヒビが入って、そこから雨水が浸入したり、配線用の電線を伝ってしのび込んだり、瓦のわずかなズレによるスキ間から、毛細管現象によって天井裏に雨水が入ってきたり、プロでなければ分からないことがたくさんあります。
中には、雨水ではなく、ネズミのオシッコだったという例も報告されています。雨漏りの原因は千差万別ですので専門家に調べていただく必要があります。

依頼先は、一般社団法人全日本瓦工事業連盟(全瓦連)に加盟している工事店がいいでしょう。全瓦連は、全国で約2,800の専門業者が加盟している内閣府所管の一般社団法人で信頼できる全国組織です。都道府県ごとに組合事務所(全国47団体)があり、公式サイトではお近くの加盟店を探すこともできますので、電話などで直接お尋ねください。

また、点検だけだからと屋根に上がることは、転落などの危険がありますので絶対にお止めください。

雨もりは屋根からだけじゃないといわれた、本当か。

Q : 2階は雨漏りしていないのに、1階の天井に大きなシミができてしまいました。友人には、屋根じゃなくて他に原因があるはずだといわれました。本当にそんなことがあるのでしょうか。

窓の外の天気のイラスト(雨)

A : ありえます。考えられる原因もたくさんあります。
雨水は、チョットしたスキ間があれば、どこにでも浸入して来ますから、プロの診断士にまかせてください。

たとえば1階の雨樋が、枯葉などでつまっている場合、外壁のわずかなヒビ割れからも雨水は1階の天井に浸入します。また2階のベランダの雨水処理がうまくいっていなかったり、窓のサッシの取り付け不良であったり、アンテナの配線を伝っても雨漏りは発生します。

こうした原因は、外見から判断するのは難しく、素人では絶対に分かりませんから、屋根のプロである一般社団法人全日本瓦工事業連盟(全瓦連)に加盟している工事店に相談して、キチンとした修理を行って下さい。全瓦連は、全国で約2,800の専門業者が加盟している内閣府所管の一般社団法人で信頼できる全国組織です。都道府県ごとに組合事務所(全国47団体)があり、公式サイトではお近くの加盟店を探すこともできますので、電話などで直接お尋ねください。


posted by サンちゃん at 10:00| Comment(0) | 新着情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


瓦web [TOP]

愛知県陶器瓦工業組合公式サイト。三州瓦の歴史、三州瓦の性能・製品情報・CADデータ、かわら相談など。


人にやさしい三州瓦
愛知県陶器瓦工業組合    〒444-1323  愛知県高浜市田戸町1-1-1  TEL 0566-52-1200 (代)  FAX 0566-52-1203