三州瓦−瓦Web−

三州瓦の愛知県陶器瓦工業組合公式サイト。三州瓦の歴史、三州瓦の性能・製品情報・CADデータ、かわら相談など。

新着情報 資料請求 組合概要 リンク集 サイトマップ
TOP




三州瓦の再利用 組合員紹介

瓦web-BLOG

2017年10月27日

瓦屋根の修理やリフォームの目安はどの程度?判断基準の目安について。

こんにちは。
愛知県陶器瓦工業組合のサンちゃんです。

瓦屋根の修理やリフォームが必要なときってあります。
ですが、その判断基準がわからないことには依頼をしにくいですよね。
できることなら、車の点検があるように住宅も定期点検をすることをおすすめします。

瓦にヒビ割れは劣化の徴候ですか。
先日、梯子から屋根をのぞいたところ、瓦の表面にヒビ割れが少し入っているのに気がつきました。製品の劣化はありませんか。



陶器瓦(釉薬瓦)は貫入(かんにゅう)と呼ばれる表面亀裂が発生する場合があります。これは陶器製品特有の現象で生地を焼いて焼結させる場合、粘土と釉薬の収縮率の違いにより釉薬表面に細かい亀裂が発生します。但しこれは製品生地までの亀裂ではなく製品の品質(漏水、強度など)には問題ありません。

また、陶器瓦(釉薬瓦)には釉薬面にピンホールと呼ばれる小さいへこみや粘土素地の露出が発生している場合があります。釉薬の気泡や粘土に含まれる有機物(亜炭)などが燃焼して発生するものですが、品質(漏水、強度など)には問題ありません。


瓦のズレを見つけた。スグ修理する必要はあるの。
昨日、隣の家に遊びに行き、2階から我が家を見下ろしたところ、ズレている瓦を見つけてしまいました。すぐに直してもらった方がいいでしょうか。

屋根修理症状.jpg

屋根の施工不良や経年変化、地震、台風などが原因で、瓦がズレることがあります。瓦のズレは雨漏りに結びつき、野地板から垂木だけではなく家そのものを痛めます。放置しておくほど、修理は大掛かりな工事になりますので、早急に屋根工事店にご連絡ください。早期であれば部分的な葺き直しですむこともあります。

瓦のズレも、ヒビ割れも、屋根からの注意信号です。一般社団法人全日本瓦工事業連盟(全瓦連)に加盟している工事店に相談されるといいでしょう。全瓦連は、全国で約2,800の専門業者が加盟している内閣府所管の一般社団法人で信頼できる全国組織です。都道府県ごとに組合事務所(全国47団体)があり、公式サイトではお近くの加盟店を探すこともできますので、電話などで直接お尋ねください。

リフォームする時期は建築後何年が目安?我が家は築15年です。
築後15年の家に住んでいます。キッチンのリフォームを考えていますので、一気に屋根も新しい瓦に葺き替えたいと考えています。瓦屋根のリフォーム時期として何年ぐらいを目安にしたらいいですか。

リフォーム後のピカピカの家のイラスト


大変難しい質問です。通常粘土瓦の場合、正しく施工してあれば30年はゆうに持ちます。築後15年ということですので、リフォームが必要とは考えられません。

しかし、瓦が破損している、瓦のズレがある(地震だけではなく交通量の多い道路脇などの振動により)、雑草やコケが生えたままになっているなどの場合は、想像以上に傷んでいるケースがあります。瓦そのものは美しく見える場合でも、こうしたケースでは、屋根を支える構造材に被害が及んでいることも考えられます。お宅の場合はまずこうした工務店か屋根工事店(一般社団法人全日本瓦工事業連盟)に屋根診断を受け、その結果を見てご判断ください。
posted by サンちゃん at 15:05| Comment(0) | 新着情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


瓦web [TOP]

愛知県陶器瓦工業組合公式サイト。三州瓦の歴史、三州瓦の性能・製品情報・CADデータ、かわら相談など。


人にやさしい三州瓦
愛知県陶器瓦工業組合    〒444-1323  愛知県高浜市田戸町1-1-1  TEL 0566-52-1200 (代)  FAX 0566-52-1203