三州瓦−瓦Web−

三州瓦の愛知県陶器瓦工業組合公式サイト。三州瓦の歴史、三州瓦の性能・製品情報・CADデータ、かわら相談など。

新着情報 資料請求 組合概要 リンク集 サイトマップ
TOP




三州瓦の再利用 組合員紹介

瓦web-BLOG

2017年10月31日

ガイドライン工法の資料や施工例をみてみたい方へ。

こんにちは。
愛知県陶器瓦工業組合のサンちゃんです。

専門学校や高校の授業でもガイドライン工法の概要を使いたいとおっしゃってくださる教師の方がいます。
将来的に建築業界に携わっていく方々にも、もちろん知っていただきたいのが「ガイドライン工法」です。

質問をいただいていますので、お答えしますね。

ガイドライン工法の現場や施工例を見てみたい。どこへ行けば見られるの。
専門学校の建築の教師をしています。木造建築の授業に、ガイドライン工法の施工例を見学させたいと思っていますが、どこに行けば見られますか。一般の工事でも、外から一目見て判断できる特徴がありますか、教えてください。


A:
ガイドライン工法は、基準風速、屋根勾配、高さ、瓦の種類等によって数十〜数百もの施工方法が考えられる21世紀の屋根工事の基準ですが、施工が完了した瓦屋根の外観からは、従来の工法と見分ることができません。

ガイドライン工法は、瓦を桟木に緊結させるためのクギの種別や数、瓦同士をとめるクギ(ステンレススクリュー釘等)の種別や数、補強用材としてのネジの長さや種別等、また全数緊結か一枚おきか等、施工方法は、千差万別で、「これがガイドラインの代表」といえるものはありません。(もちろん施工モデルはたくさんあります)


または、一般社団法人全日本瓦工事業連盟(全瓦連)に相談されるといいでしょう。
全瓦連は、全国で約2,800の専門業者が加盟している内閣府所管の一般社団法人で信頼できる全国組織です。都道府県ごとに組合事務所(全国47団体)があり、公式サイトではお近くの加盟店を探すこともできますので、電話などで直接お尋ねください。

ガイドライン工法の詳しい資料はどこで手に入るの。
私は工業高校の教師をしています。木造建築の授業では、屋根工事の基本が不可欠です。とくに耐震、耐風の新しい基準であるガイドライン工法については、時間をさいて教えたいと思っていますが、適当な資料がなかなか見つかりません。高校生にも分かるような全体概要について書かれた資料があれば教えて下さい。

A:
高校生に分かるかどうかは確かではありませんが、ガイドライン工法を推進している業者三団体、全国陶器瓦工業連合会(当組合もその一員です)、一般社団法人全日本瓦工事業連盟、全国厚型スレート組合連合会及び国立研究開発法人建築研究所が、共同して発行している「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」という冊子があります。この本は、プロフェッショナル向けに書かれた本ですが、風速ごとの施工方法等が詳細に書かれていますので、これをやさしくかみくだいて説明していただければ、十分授業の参考資料になると思われます。

瓦屋根標準設計・施工ガイドライン

また、地震については、阪神大震災の教訓を受け、かつガイドライン工法の前提となった、中層ビル、低層住宅用「瓦耐震マニュアル」(日本建築センター発行)という資料も参考にされてはいかがでしょう。このマニュアルには、瓦の耐震性能、耐風性能をはじめ、屋根の設計に関する基本的留意点等が詳しく述べられています。これらの根拠となっている関係法令(建築基準法施工令)も付録として掲載されていますので、高校生の疑問に応えるのは十分だと思います。

さらに、屋根の一般的な理解を深めるためには「屋根の知識」(宮野秋彦監修・日本屋根経済新聞社)という本があります。この本は、屋根の歴史から防災計画まで、一般の人が読んで分かるように、ていねいに解説した本です。屋根についての総合知識を得るためには、誰にでも推奨できる良書です。

posted by サンちゃん at 10:00| Comment(0) | 新着情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


瓦web [TOP]

愛知県陶器瓦工業組合公式サイト。三州瓦の歴史、三州瓦の性能・製品情報・CADデータ、かわら相談など。


人にやさしい三州瓦
愛知県陶器瓦工業組合    〒444-1323  愛知県高浜市田戸町1-1-1  TEL 0566-52-1200 (代)  FAX 0566-52-1203