三州瓦−瓦Web−

三州瓦の愛知県陶器瓦工業組合公式サイト。三州瓦の歴史、三州瓦の性能・製品情報・CADデータ、かわら相談など。

新着情報 資料請求 組合概要 リンク集 サイトマップ
TOP




三州瓦の再利用 組合員紹介

瓦web-BLOG

2017年09月22日

第17回甍賞 瓦屋根設計コンクールおよび第4回学生アイディアコンペティションの表彰式が行われました。

こんにちは。
愛知県陶器瓦工業組合のサンちゃんです。

平成29年8月28日(月)に東京都港区にある建築会館ホールにおいて、第17回甍賞 瓦屋根設計コンクールおよび第4回学生アイディアコンペティションの表彰式が行われました。

21908669_896700927148513_1167701920_o.jpg

応募総数132作品(甍賞65作品、学生67作品)の中から受賞された方々、御来賓に経済産業省 製造産業局 生活製品課 住宅産業室長 杉浦宏美様、国土交通省 土地・建設産業局 建設市場整備課長 出口陽一様をはじめ、審査委員長の池田先生、審査員 近角先生、審査員 堀場先生他、多くの方にご出席いただき盛大に行うことができました。

表彰式では、受賞作品を施工した工事業者さんに感謝状も手渡されました。

21930784_896700937148512_1996417774_o.jpg
21908010_896700930481846_982606803_o.jpg

その後、懇談会も行われ、情報交換などとても盛り上がっておりました。

21931692_896701440481795_1589982203_o.jpg

同じ建築会館のギャラリーでは受賞作品の展示が8/27(日)〜31(木)の期間で行われていました。

21908680_896701727148433_1621628668_o.jpg
21931496_896701860481753_1413164668_o.jpg

21930802_896701863815086_1495994537_o.jpg

この甍賞も17回目を迎えることができ、多数の力作が集まり、主催者一同、当コンクールの意義と役割を改めて実感し、瓦の持つ可能性を再認識させられました。ありがとうございました。

posted by サンちゃん at 10:00| Comment(0) | 新着情報

2017年09月19日

瓦屋根修理を依頼するときに気をつけておきたいこと

こんにちは。
愛知県陶器瓦工業組合のサンちゃんです。

トラブルは未然に防げるものは防いでおくのがイチバンです。
トラブルは「知らない」ことから起こることが多いです。ということは、知っておけばトラブルにならずにすむ、ということにもなりますよね。

今回は瓦屋根の修理トラブルを未然に防ぐために知っておいてほしい内容です。

修理の時でも契約をした方がいいのか。契約書のサンプルを見せて。

Q : 建物の工事の場合、小さな修理の場合でも契約書を交わしたほうがいいと新聞記事で読んだことがあります。屋根の補修工事の場合でも契約書は必要でしょうか。契約書は文具屋等で手に入りますか。

契約書のイラスト(印鑑)

A : 簡単な修理などの場合、修理内容も工事代金も口約束だけで済ませてしまうケースもあるようです。
信頼できる、いつもお願いしている工務店さんや屋根工事店さんであればトラブルになることも無いでしょう。しかし、とくにここ十数年、悪質業者が高齢者をダマして高額な工事料を請求する事件が多発しているため、警告の意味も込めて新聞記事が書かれたものかもしれません。

ご指摘の通り、理想を言えば契約書(工事請負契約書)を交わすことがいちばんですが、簡単な修理の場合は、見積書でも十分代用することができます。
但し、見積書には、以下の項目を業者に明記してもらいましょう。

・工期(工事期間及び引き渡し日)
・仕様(工事場所・図面等で明記。工事内容)
・見積書(一式計算ではなく内訳を細かく記載してあるもの)
・支払方法、期日
・工期遅れ、追加工事等の場合の処理方法
・除外事項(上記見積りや文書に含まれない項目の明記)
もちろん、これらの事項をそのまま契約書にして、双方で署名捺印することもできます。

これ以外にも第三者保障(工事業者が工事中の第三者への事故の手当てのための保険に加入しているかどうか等)などの項目をつけ加える必要もあります。いずれにしても、信頼できる工事業者を選べば、こうした心配をしなくても、安心して補修・修理を頼むことができます。 

木造住宅のイラスト

また、公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターでは「リフォーム見積チェックサービス」を行っていますので、契約前にこちらへ相談されるのも良いでしょう。

修理をローンでしたい、どこでやっている。

Q : 屋根の修理や補修工事でもローンがきくという話を聞きました。実際はどうなのでしょうか。具体的なローン会社があれば紹介して下さい。

銀行のイラスト(お金)

A : ローンは、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)、銀行等の金融機関、クレジット会社等で行っています。
リフォームの場合も様々な補助がありますので、工事業者さんに聞いたり、お住まいの自治体へ問い合わせたりしてください。 例えば、住宅金融支援機構のリフォーム融資や、国立研究開発法人建築研究所「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の中にも、屋根の葺き替え工事があります。

むしろここでは、悪質な業者が、クレジットを使って、毎月の支払いが少なくて済むといった商法を繰り広げていますので、安いからといった理由だけで飛びつくことは避けることです。屋根工事は、たとえ小さな修理であっても、長期の耐久性という「品質」が第一です。くれぐれも品質中心にお考え下さい。
posted by サンちゃん at 10:00| Comment(0) | 新着情報

2017年09月11日

瓦屋根工事の依頼から、工事中の対応について

こんにちは。
愛知県陶器瓦工業組合のサンちゃんです。

雨漏りや瓦屋根の不具合を見つけたとき、どこに依頼していいのか分からない。そういったお悩みがある方が多いようです。住宅の修理業者というのは、日常の暮らしから少し離れているので、いざという時にはなかなか思いつかないですよね。
そして、修理というのはそうそう頻繁にやるものではないので、依頼したときの対応法にも戸惑う方が多いようです。

今回はそういったお悩みにお役に立つようなお問い合わせを紹介していきますね。


気軽に頼める工事屋さんがどこにもいない。紹介してほしい。

Q : 大都市郊外の新興戸建て住宅団地に住んで15年になります。全く新しい公団の開発団地なので、周辺には何もありません。近くに簡単な屋根の修理工事でもしてくれる業者を探しています。どうしたらいいですか。

工務店のイラスト

A : 一般社団法人全日本瓦工事業連盟(全瓦連)に加盟している工事店に相談されるといいでしょう。
全瓦連は、全国で約2,800の専門業者が加盟している内閣府所管の一般社団法人で信頼できる全国組織です。都道府県ごとに組合事務所(全国47団体)があり、公式サイトではお近くの加盟店を探すこともできますので、電話などで直接お尋ねください。

なお、相談する時には、修理の個所や希望などをハッキリ伝えて、キチンとした見積りをとるようにしましょう。また工事期間や支払い方法など、分からないことは、どんどん聞いてください。あいまいなままですと、あとで、約束が違う等のトラブルになるので、今後とも日常的な屋根のメンテナンスをまかせても大丈夫なように、信頼関係を築いていってください。

4〜5日間修理の職人さんが来る、10時と3時に何を出したらいいの。

Q : 来週瓦の修理に職人さんが2人来る予定です。大工さんをはじめ、職人さんの世界には、古くから独得の習慣があると聞いていますので、どう対応したらいいか分かりません。おやつや昼ごはんなど、どんなものを用意したらいいでしょう。

お菓子の詰め合わせのイラスト

A : ご指摘のように、日本全国、地域によって様々な習慣や風習が残っているようですが、最近では、工事業界もビジネスライクになって、昔風の習慣も無くなって来ているようです。
こうした習慣は、あくまで施主の気持ちの問題ですので、あまり気遣いをされなくても大丈夫です。若い作業員の中には、かえって恐縮してしまう人もいますので、温かいお茶や、夏なら冷たい飲み物程度で十分でしょう。
最近では、コンビニがどこにでもありますので、作業員の方は自由に行動しているようです。 

お盆に乗ったお茶のイラスト
また、修理の時間帯は仕事中で対応できない、修理中は仮住まいで生活していて現場から遠いところにいるなど事情は様々ですから、その旨一言伝えておきましょう。


修理の間、家具やカーテンはどうしたらいい。

Q : 今度屋根の修理工事をすることになりました。老夫婦の二人住まいですので、一昨年の畳の張り替えの時は家具の動かしやカーテンの取り外しなど大変でした。今度は工事屋さんにお願いしても大丈夫でしょうか。

A : 畳替えやインテリアのリフォームと違って、簡単な屋根の修理であれば、室内の家具を移動したり、工事中の仮住まいをお願いしたりすることはありません。足場工事や養生のために、ふだんの生活に多少ご不便をかけることがあるかもしれませんが、いつも通りの暮らしができます。

引越しのイラスト「新居で新生活」

しかし、屋根の下地まで取り替えるといった大掛かりな修理の場合、天井からの土やホコリで家具や床を汚してしまうことがあります。このような場合は家具の移動だけではなく、室内を養生シートなどで保護します。工事中の仮住まいも必要となるでしょう。
詳しい内容は工事業者さんから必ず説明がありますので、よく相談してください。

posted by サンちゃん at 10:00| Comment(0) | 新着情報

瓦web [TOP]

愛知県陶器瓦工業組合公式サイト。三州瓦の歴史、三州瓦の性能・製品情報・CADデータ、かわら相談など。


人にやさしい三州瓦
愛知県陶器瓦工業組合    〒444-1323  愛知県高浜市田戸町1-1-1  TEL 0566-52-1200 (代)  FAX 0566-52-1203