三州瓦−瓦Web−

三州瓦の愛知県陶器瓦工業組合公式サイト。三州瓦の歴史、三州瓦の性能・製品情報・CADデータ、かわら相談など。

新着情報 資料請求 組合概要 リンク集 サイトマップ
TOP




三州瓦の再利用 組合員紹介

瓦web-BLOG

2017年08月01日

高浜市民レガッタ大会で「三州瓦×dela」の初のPR活動をしてきました!

こんにちは。
愛知県陶器瓦工業組合のサンちゃんです。

今回は三州瓦のPRイベントの報告です。

7月29日(土)に組合事務所がある愛知県高浜市で、高浜市民レガッタ大会が高浜川特設コースにて開催されました。

20524319_871527552999184_1397495756_o.jpg

高浜市民レガッタ大会は毎年多くの高浜市民が参加する大会です。
大会の応援と暑い中での観戦なので、少しでも涼んでもらえたらということで、500枚のうちわを配布しました。

今回は先日26日に三州瓦公式応援サポーターに就任したアイドルユニット「dela」のメンバーの桜木さん、近藤さん、中島さんの3名も参加してくださいました。

20536078_871527399665866_421230015_o.jpg

そして、7時30分より行われた大会の開会式でご紹介いただき、大村愛知県知事、吉岡高浜市長にも三州瓦公式応援サポーター就任のあいさつをすることが出来ました。

写真 2017-07-30 10 16 08.jpg

写真 2017-07-30 10 15 59.jpg

市民の皆さんの受けは大変良好で、三州瓦の良さをあらためて市民の皆さんにご紹介できたと思います。

20524276_871527239665882_1687890173_o.jpg
20524290_871527669665839_89265237_o.jpg
20535911_871527606332512_1290375258_o.jpg
20535927_871527279665878_1301457331_o.jpg
20536107_871527412999198_1459745891_o.jpg
20542763_871527522999187_129471580_o.jpg
20542770_871527252999214_1616980860_o.jpg
20542856_871527256332547_151571643_o.jpg
20543082_871527656332507_736602909_o.jpg
20590934_871527326332540_1101794377_o.jpg
20597671_871527282999211_423716198_o.jpg

会場への滞在は10時半までの3時間ほどでしたが、「三州瓦×dela」の初のPR活動は大好評のうちに終了できました。


20542859_871527662999173_140709558_o.jpg

今後も三州瓦の良さをどんどん伝えていきたいと思います。

delaの皆さんもお疲れ様でした!
参加された様子をさっそくTwitterにアップしてくださいました。


写真 2017-07-30 10 17 42.jpg
写真 2017-07-30 10 18 09.jpg

写真 2017-07-30 10 18 25.jpg


そして、なんとかわら美術館へ立ち寄ってくれたそうで、瓦への関心度が高まってくれているのが嬉しいですね。

写真 2017-07-30 10 17 09.jpg

次回は8月8日の屋根の日のイベントです。
引き続きよろしくお願いいたしますね。
posted by サンちゃん at 10:00| Comment(0) | 新着情報

2017年07月27日

三州瓦公式応援サポーターにアイドルユニット「dela(デラ)」が任命されました!

こんにちは。
愛知県陶器瓦工業組合のサンちゃんです。

この度、三州瓦のPR活動のサポーターとして、アイドルユニット「dela(デラ)」が任命されました。
7月26日には愛知県陶器瓦工業組合事務所にて任命式が行われました。

今回の任命式に来てくれたのはこの6名のメンバーです。
dela1期生の沢井里奈さん。
dela1期生の秋波愛さん。
dela1期生の綾瀬麗奈さん。
dela2期生の桜木彩音さん。
dela2期生の近藤真琴さん。
dela4期生の神田風音さん。

20427271_868902179928388_706968161_o.jpg

東日本大震災や昨年の熊本地震などの影響から「瓦屋根はの地震に弱い」という風評被害がさらに強まっています。
またこのような風評に便乗した他の屋根材の攻勢もあり、最近の住宅着工数の好転に反して、粘土瓦の販売は伸び悩むという状況が続いています。

“瓦屋根は地震に弱い”という誤解の払拭をするべく昨年、国土交通省国土技術政策総合研究所の中川貴文先生が開発された木造住宅倒壊解析ソフト「wallstat」を活用したシミュレーションを実施し、木造住宅の耐震性は建物の構造が重要で、屋根の重さが直接耐震性を左右するものではないことが検証できました。

写真 2017-07-27 11 14 19.jpg

この結果を一般の方々に分かりやすく説明する動画制作を行うことにしました。
興味関心を持っていただき、楽しく最後まで見てもらえるような動画にするため、この度、アイドルユニット「dela(デラ)」を三州瓦公式応援サポーターに任命し、動画制作を進めていきます。

今回のような動画制作や公式応援サポーターの起用などはいままでにないこころみで、今後のPR展開に大変期待しています。

ファイル 2017-07-27 11 16 24.jpeg


これから住宅を購入するような、若い世代の方へ三州瓦の良さを知って頂ける機会になればと思います。

この他にも様々なPRイベントにも随時出演していただく予定です。

直近の予定としては
7月29日(土)に開催される「高浜市民レガッタ大会」での三州瓦のPRイベント、
8月8日(火)屋根の日に放送されるZIP-FM「瓦Day」ラジオジャックにも出演していただきます。


出演の様子は随時報告させていただきますね。

写真 2017-07-27 11 15 18.jpg

今度とも三州瓦の応援をよろしくお願いします!

posted by サンちゃん at 12:50| Comment(0) | 新着情報

2017年07月24日

家は長い間住み暮らすもの。住宅計画の際に知っておいて欲しい屋根材の話。

こんにちは。
愛知県陶器瓦工業組合のサンちゃんです。

一戸建て住宅は長く住み暮らすものなので、長い目で見た住宅計画が必要となってきます。
住宅を建てるとき、つい内装のことばかりに気がいきがちですが、外装、特に屋根材の検討も視野に入れていただきたいと思います。

瓦屋根の家は、耐久性があって美しいのはよく分かりますが、スレートや金属系に比べ高くつくといわれました。メーカーとしてどのようにお考えですか。率直なところを教えてください。

これは、屋根の価格を最終的にどのように考えるかの問題です。屋根は、一日で消費する生鮮食料品などと違って、非常に息の長い「耐久商品」です。瓦屋根の商品の寿命は、ふつう30年といわれていますので、それを基準に考えると、その価格の中に次のようなものが含まれているのが分かります。

新築(あるいはリフォーム)時の屋根の代金(材料費と屋根工事費、いわゆるイニシャルコスト)
メンテナンス費(30年間の間に必要とされる改修費、補修・修理費)
冷暖房費など30年間に必要とされるエネルギー費
高い、安いという議論は、これらすべてを合計した上で比較しないと正確な所は判断できません。

114.jpg

瓦屋根は高いというご指摘はイニシャルコストだけを比較しているものと考えられます。
瓦屋根は、金属系やスレートの屋根に比べイニシャルコストは割高(10%〜20%程度)になりますが、メンテナンス費、エネルギー費については、断然他の屋根材を引き離し、商品寿命である30年の合計の差し引きでは、むしろ「安価な耐久商品」となります。私たちメーカーは、他の屋根材に比べ瓦屋根を「安い」と考えています。

あるハウジングメーカーのセールスの方が、瓦屋根は、阪神大震災の例を見ても分かるように、地震に弱いし、重量も重いので、軽い金属がお薦めといっていましたが、本当でしょうか。

全く科学的根拠の無いそうした話が流布しているのは本当に残念です。とくに阪神大震災以降、地震と瓦のイメージがセットになって流されるようになったため、ウラに何か意図的なものがあるのではないか、と疑いをかけるメーカーも出ているほどです。

阪神大震災の時、たしかに北淡地域の瓦葺屋根の倒壊した映像が、1日何十回も繰り返し放映されました。このため、地震と瓦屋根のイメージが視聴者の記憶に強く刻まれるようになったのは不思議ではありません。しかし、ビクともしなかった、それ以外の数多くの瓦屋根の映像は、殆ど話題にもなりませんでした。テレビ報道は、センセーショナルな映像を好みますが、メーカーの立場から言わせてもらえば、冷静で客観的な報道とはいいがたいと考えています。事実2004年の新潟県中越地震や2011年の東日本大震災の時には、こうした報道はすっかりカゲをひそめてしまいました。

当組合では、瓦屋根の安全性向上のために科学的なテストを繰り返し、すぐれた結果を残しています。また数々の耐震実験から瓦屋根の耐震性は実証されています。こうした噂に惑わされず、美しくて丈夫、最も優れた屋根材である瓦を今後ともご愛用下さい。現在当組合では、地震や台風に強いガイドライン工法を推奨しております。

105.jpg

今度、新築する時の瓦屋根の施工基準があるということですが、その内容は、どのようなものですか。

「ガイドライン工法」のことです。
平成10年(1998年)、建築基準法が改正され、災害に強い家づくりが決められました。新築から10年間建築工事会社に、家の品質保証を義務づける「住宅の品質確保の促進等に関する法律(住宅品質確保促進法・平成12年施行)なども、建築基準法改正の主要な柱の一つになっています。

この改正を受けて、当組合も加盟している瓦メーカーの全国組織である全国陶器瓦工業組合連合会、屋根工事全国組織の一般社団法人全日本瓦工事業連盟、国立研究開発法人建築研究所等、屋根に関する民間団体が一致協力して設定した基準が「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」です。

「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」は、台風や強風時にも飛ばない瓦屋根、阪神大震災クラスの大きな揺れにも決して落ちることのない強い瓦屋根という厳しい基準を設定して、「災害に強い家づくり」を行うものです。したがって、今後これらの組織に加盟している会社で新築を行えば、台風や地震の時でも安心してお過ごしいただけるようになりました。

posted by サンちゃん at 10:00| Comment(0) | 新着情報

瓦web [TOP]

愛知県陶器瓦工業組合公式サイト。三州瓦の歴史、三州瓦の性能・製品情報・CADデータ、かわら相談など。


人にやさしい三州瓦
愛知県陶器瓦工業組合    〒444-1323  愛知県高浜市田戸町1-1-1  TEL 0566-52-1200 (代)  FAX 0566-52-1203