三州瓦−瓦Web−

三州瓦の愛知県陶器瓦工業組合公式サイト。三州瓦の歴史、三州瓦の性能・製品情報・CADデータ、かわら相談など。

新着情報 資料請求 組合概要 リンク集 サイトマップ
TOP




三州瓦の再利用 組合員紹介

瓦web-BLOG

2017年09月08日

雨もりは原因究明が大切です。

こんにちは。
愛知県陶器瓦工業組合のサンちゃんです。

住宅の大敵、雨漏り。
これがなかなか気づきにくいもので、気がついたときには屋根だけではなく、住宅全体へ大きな影響を与えてしまい、修理も規模が大きいものとなるケースが多いです。

雨漏りのイラスト

大規模な修理となると費用もかさみます。
そうならないためにも、雨漏りに関する事前知識を持っておくことが大切です。

今回は雨漏りに関するお問い合わせをご紹介し、その対策を知っていただきたいなと思います。

雨もりが止まない、どこに頼めば調べてくれる。

Q : 今年の梅雨が長かったせいもあって、天井と壁に雨漏りのシミが出来てしまいました。
息子に屋根に上がってもらい調べましたが、瓦は1枚も壊れていないといっています。シミがどんどん大きくなるような気がしますので、一度調べてもらいたいのですが、どこにお願いしたらいいでしょう。

風除室のイラスト

A : 雨漏りというのは、実は大変やっかいなもので、瓦が割れたためといった単純な理由だけで起こるものではありません。外見上は、何の異常も見られないのに、雨漏りが止まないというご相談はたくさん寄せられています。

雨漏りの意外な原因として、例えば、2階の外壁にヒビが入って、そこから雨水が浸入したり、配線用の電線を伝ってしのび込んだり、瓦のわずかなズレによるスキ間から、毛細管現象によって天井裏に雨水が入ってきたり、プロでなければ分からないことがたくさんあります。
中には、雨水ではなく、ネズミのオシッコだったという例も報告されています。雨漏りの原因は千差万別ですので専門家に調べていただく必要があります。

依頼先は、一般社団法人全日本瓦工事業連盟(全瓦連)に加盟している工事店がいいでしょう。全瓦連は、全国で約2,800の専門業者が加盟している内閣府所管の一般社団法人で信頼できる全国組織です。都道府県ごとに組合事務所(全国47団体)があり、公式サイトではお近くの加盟店を探すこともできますので、電話などで直接お尋ねください。

また、点検だけだからと屋根に上がることは、転落などの危険がありますので絶対にお止めください。

雨もりは屋根からだけじゃないといわれた、本当か。

Q : 2階は雨漏りしていないのに、1階の天井に大きなシミができてしまいました。友人には、屋根じゃなくて他に原因があるはずだといわれました。本当にそんなことがあるのでしょうか。

窓の外の天気のイラスト(雨)

A : ありえます。考えられる原因もたくさんあります。
雨水は、チョットしたスキ間があれば、どこにでも浸入して来ますから、プロの診断士にまかせてください。

たとえば1階の雨樋が、枯葉などでつまっている場合、外壁のわずかなヒビ割れからも雨水は1階の天井に浸入します。また2階のベランダの雨水処理がうまくいっていなかったり、窓のサッシの取り付け不良であったり、アンテナの配線を伝っても雨漏りは発生します。

こうした原因は、外見から判断するのは難しく、素人では絶対に分かりませんから、屋根のプロである一般社団法人全日本瓦工事業連盟(全瓦連)に加盟している工事店に相談して、キチンとした修理を行って下さい。全瓦連は、全国で約2,800の専門業者が加盟している内閣府所管の一般社団法人で信頼できる全国組織です。都道府県ごとに組合事務所(全国47団体)があり、公式サイトではお近くの加盟店を探すこともできますので、電話などで直接お尋ねください。


posted by サンちゃん at 10:00| Comment(0) | 新着情報

2017年09月05日

「瓦屋根木造住宅の耐震性」についての勉強会を開催しました。

こんにちは。
愛知県陶器瓦工業組合のサンちゃんです。

8月29日(火)に愛知県陶器瓦工業組合にて、三河窯業試験場と共同で「瓦屋根木造住宅の耐震性」についての勉強会を開催しました。

aaP1060492 講演 中部大学 石山央樹様2.JPG

「瓦屋根木造住宅の耐震性」について、木造住宅の耐震シミュレーションソフトであるWallstatを開発された、国土交通省 国土技術政策総合研究所の中川先生とWallstatを活用し、耐久性の研究をされている中部大学の石山先生をお招きし、勉強会を開催しました。

古い耐震基準で建てた住宅は、軽いと言われる金属屋根でも建物自体が弱いので地震があれば倒れます。
重要なのは住宅の壁等を補強し、耐震基準を満たした住宅にすること。そうすれば、瓦屋根でも倒壊しません。

「瓦屋根の乗った建物は重いから耐震性がないと言う風評は間違っています」と耐震シミュレーションソフト・Wallstatの動画を使って分かりやすく説明して下さいました。
また、新しい耐震基準の住宅だと、瓦屋根も倒れないことを証明して下さいました。

aaP1060485 講演 国土技術政策総合研究所 中川貴文様2.JPG

他に、お施主さんは、屋根を軽くすれば地震に強くなると営業され、瓦屋根から他の屋根材に葺き替える場合があります。

しかし、@瓦屋根の住宅で壁を耐震補強するための費用とA瓦屋根から他の屋根材に変更する費用+壁を耐震補強する費用を考えると、Aの瓦から他の屋根材に変更する方が200万円ほど高くなります。

また、その後何十年も住む場合、他の屋根材は10年ごとに塗り直しが必要になるので、ライフサイクルコスト(20〜30年)でみると、その差は広がり400万円ほど高くなりますとの説明がありました。

aaP1060479 全体 60名参加.JPG

今回の勉強会は約60名の方が参加してくださり、耐震補強の正しい情報ともっと瓦の良さを伝えられるように努めて行きたいと思いました。
posted by サンちゃん at 10:00| Comment(0) | 新着情報

2017年08月29日

瓦屋根の修理に関する疑問にお答えします。

こんにちは。
愛知県陶器瓦工業組合のサンちゃんです。

瓦屋根の修理に関しては専門性が高いため、分かりづらかったり、理解しづらいことも多々あります。
そのズレが後々のトラブルに発展することもあります。

専門性が高いといっても、ちょっとしたことを気にしておくだけで大丈夫なので、このブログを参考にしてみてくださいね。

修理を頼んだら、全部変えろといわれた、信用できるか。

A : 瓦が3枚ほど割れていたので修理をお願いしたら、全部瓦を取り替えたほうがいいといわれました。築16年の家ですが、瓦の寿命というのは、その程度のものですか。

永沢修平2.jpg

Q : 瓦の寿命は30年以上といわれています。親が建てた家を、その次の世代(息子や娘の時代)に葺き替えれば、木造住宅でも100年は十分に持つという意味です。普段の管理が良ければ、現在の瓦は50年以上大丈夫といわれています。したがって、屋根材の中で、瓦は最も長持ちする、経済性にすぐれた屋根材といえるでしょう。築16年で瓦が寿命だからというのは、あまり考えられません。

または、瓦の割れた個所が問題ですが、瓦に問題があるというより、屋根の下地材が腐ったりして、その被害が屋根全体に及んでいるケースが考えられます。こうした場合は、瓦はそのままで使用できますので(一部の補充は必要)、下地の工事が中心になります。心配でしたら、業者を1社にしぼり込まないで、2〜3社の見積りを取って、別の見方(本当に葺き替えが必要かどうか)や意見を参考にすることも大切です。

他の工事店は、一般社団法人全日本瓦工事業連盟(全瓦連)に加盟しているところがいいでしょう。全瓦連は、全国で約2,800の専門業者が加盟している内閣府所管の一般社団法人で信頼できる全国組織です。都道府県ごとに組合事務所(全国47団体)があり、公式サイトではお近くの加盟店を探すこともできますので、電話などで直接お尋ねください。

更に、公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターでは「リフォーム見積チェックサービス」を行っていますので、契約前にこちらへ相談されるのも良いでしょう。

雨もりのせいで野地板が腐っているといわれた、対策は。

Q : 雨漏りが止まないので、専門の工事屋さんに見てもらった所、瓦は大丈夫なのに、スキ間から入った雨水のせいで、野地板が腐っているといわれました。どのような工事を頼んだら雨漏りが止みますか。

f96d9b4281f6d16b3c7589aed5a17be5-5.jpg

A : 屋根瓦の下には、防水用の様々な下葺材が使われています。古い工法では、杉の皮の上に土を敷いたりする土葺き工法が残っている場合もありますし、最近のように防水シートの上に瓦を固定したり、地域や時代によっていろいろです。

野地板は、さらにその下ですので、これが腐っているとなると、ある程度大がかりな修理を覚悟しなければなりません。屋根の「もや」や「つか」、場合によっては、「はり」など、家を支える大切な構造材にまで影響を及ぼしているかもしれないからです。そうすると、屋根全体の葺き替えはもちろん、全面的なリフォームにまで発展してしまいます。

こうした大事になる前に、台風や大雨のあとに、点検を気軽に頼める工事店を確保しておくなど、家を守るための日頃の管理が大切です。
posted by サンちゃん at 10:00| Comment(0) | 新着情報

瓦web [TOP]

愛知県陶器瓦工業組合公式サイト。三州瓦の歴史、三州瓦の性能・製品情報・CADデータ、かわら相談など。


人にやさしい三州瓦
愛知県陶器瓦工業組合    〒444-1323  愛知県高浜市田戸町1-1-1  TEL 0566-52-1200 (代)  FAX 0566-52-1203